ブログ

飲食店を始める第一歩を間違わないために

第一歩

開業を考える際に必ず考える事は「どんな店にしようかな」ではないでしょうか?
そんなときに必要になってくるのが「どのような商品を取り扱い」「どのように販売するか」ということです。よく言われる「業種」と「業態」です。簡単に説明すると「業種=どの種類の商品を扱うか」「業態=どのような営業方法なのか」ということです。同じ商品によっても業態が異ならればターゲットも異なってきます。「どんな店」という漠然な考えから「業種」「業態」を考える事で筋道立った飲食ビジネスとして考えることができます。

「個人事業」か「法人」か目標に合わせた経営方法

飲食店をスタートする際に「個人事業」と「法人」どちらで経営するかという判断が必要になってきます。多くの店舗経営者が個人事業からスタートし軌道に乗ったところで法人化するケースが多いです。個人事業主から法人化にするメリットは給与所得控除や消費税など複数あります。もちろん計画をもって会社を設立して店舗経営を行うことも問題ありません。

コンセプトの重要性とターゲットの客層

「コンセプト」とは店舗の趣旨を簡単にまとめたものです。コンセプトはもともと「概念」という意味です。何ページにわたって書かれたコンセプトよりも一言で言えるコンセプトがあるほうが「いい」とされています。お店のコンセプトは必ず簡潔に表現できるようにしましょう。わかりやすコンセプトのある店はメニュー構成やターゲットの客層、価格、店舗の出店する場所など設定しやすくなります。業種・業態をもとに魅力的なコンセプトを持つ店が成功する店といえます。
ではターゲットの客層をどのように設定するのでしょうか?
ターゲットの客層は幅広い層であればあるほどお客様はふえますが「すべての人がターゲット」という考え方ではうまくいきません。ある程度特定のターゲットに的を絞る事が必要とされます。ターゲットに的を絞る際は客層(年齢・性別)よりも「どのような目的で来店すのか」という来店理由が重要になります。
これを利用動機もしくは来店動機といいます。利用同期は性別や年齢というよりも職業がライフスタイル、趣味嗜好、価値観、所得といった要素で分けられます。コンセプト・利用同期をもとに価格・店の雰囲気やサービスといったものに不自然な部分や矛盾がないかチェックし成功するコンセプトを練り上げていきましょう。

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る