ブログ

開業にかかわる費用と売上目標の設定は?

利益率

開業費用の目安はズバリ「売上の見込み額」です!
飲食店を開業する際に売り上げの変動率を計算することはとても難しいとおもいます。
ですので売り上げ目標を設定する簡単な2つの方法をお教えします。

まず店舗物件の家賃から算出する売り上げ目標です。家賃や固定費の中で最も金額の大きな経費ですよね。
売上高の中で占める家賃の割合がだいたい10%以内であれば問題ないと考えていいと思います。
とはいえ開業してすぐに売上を期待するの難しいと思います。ですがどんなにゆずっても12%以内と考えるほうがいいでしょう。
ただ家賃相場の異なる都市部などで基準にズレがでる場合があるので注意が必要です。

もう一つは「坪当たりの売上高(月坪売上)」で目標売上を考えます。店舗面積の1坪あたりの月間・年間の売上高で適正な売上高を考えます。平均の売り上げ目標として月坪売上15万円以上をめざすといいでしょう。20万以上の繁盛店なら最高です。

店舗の相場情報:http://www.inshokuten.com/bukken/kanto/market/

店舗の開業資金ではないのですがオープンした後の当社の運転資金も見込んでおくといいでしょう。仕入れ・人件費の合計2~3カ月分は用意しておきたいものです。またスタッフの募集費用や開店前の準備スタッフの人件費もかかるので多めに用意していて損はないです。

店舗をつく際の設計や施工も通常店舗面積の坪当たり金額を換算します。「設計・デザイン料」をのぞいた店舗工事費の合計が坪当たり1000万円を超えたら過剰投資と考えてください。居抜き物件などを上手に使うと工事費用を大幅に削減できる可能性がありますよ。

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る