ブログ

接客のうまい店員がしているたった2つの事

二つのポイント

どこのお店にも好感を持てる店員さんとなんか苦手な店員さんがいると思います。多くが商品の説明を受けている際に感じるものですが、実は好感を持てる店員さんはお客様に何らかの満足感を与えているからです。では満足感はどのようにして与えられるのでしょうか?今回はお客様に満足感を与える2つのヒントをまとめてみました。

商品説明のうまい人は説明する順番がうまい

商品説明が「うまい人」「苦手な人」の違いの一番のポイントは「説明する順番」です。では説明のうまい人はどのような順番で説明しているのでしょうか?
商品説明で優先すべき順番として

  1. お客様の疑問点(お客様の用途や目的に当てはまるか)
  2. 価格や機能、素材など
  3. メリットデメリットと類似製品との比較

お客様の目的や用途からお話しする事により「自分専用の店員さん」と感じてもらえることができ、お客様に特別感を抱いてもらえることができます。さらにお客様の求めている説明をすることによってお客様からの好感度は大になります。
家電量販店などでよく見られるのが商品の説明をしすぎてお客様が置いてきぼりなんてケースです。この場合はお客様が求めていないところまで説明しお客様にわかりづらく感じさせてしまうのです。

商品説明はジェスチャーで心をつかむ

人は動くものに目が行き、触れたものに魅力を感じてしまう生き物です。
商品説明の際は「指を指す」「商品を持ち上げる」「使って見せる」がとても効果的です。時に高価なものほどケースから出して触れてもらうと絶大な効果を発揮します。豊かな表情や軽や身振り手振りなどはお客様の五感に訴えます。

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る