ブログ

店舗経営で大事な「商圏」の範囲をチェックする方法は?

商圏エリア

店舗経営において店舗物件を探す際にとても重要になってくるのがその物件の「商圏」です。商圏とは来店するお客様の居住や勤務しいる範囲を言います。飲食店においての商圏は距離ではなく時間で表されます。徒歩、自転車、車などの交通手段を使って一定時間に到着する範囲をその店の商圏の範囲といいます。
また「商圏の大きさ」とは一定時間にたどりつける範囲にどのくらいの人が住んでいるかです。もちろん商圏人口が多い場所ほど店舗経営には有利です。飲食店の場合、客単価の高い業態ほどお客様の利用動機は目的型になり来店頻度は低くなります。その場合商圏範囲を広くとる必要があり交通の便のいい繁華街などに店を構えるのいいとされています。店舗を探す際には利用エリアを十分に検討してエリアを決めるのは当たり前のことですよね。
商圏店舗の商圏を調べるのはさほど難しいものではありません。自転車で東西南北のあらゆる方向にむけて3~5分ぐらい走ってみてください。
同じ時間で到着した地点で地図上でしるしを付けて輪郭を描いてみてみるだけでできあがりです。
この輪郭の内側にいる人たちがお客様になりえる人だということになります。路線や川、大きな道路で分断される場合もあるので実際に行って確認してみることをお勧めいたします。

商圏の大きさは地域の役所が発行している「町丁目的別人口統計」をもとにして地図と照らし合わせると商圏範囲にどのような人たちがどれぐらい住んでいるか算出できます。また統計データーの人口を世帯数で割るとい一世帯あたりの平均人数がわかります。単身者が多いの地位か大家族多い地域なのかがわかります。店舗物件を検討する場合に比較的簡単な調査方法です。大手チェーンでも出店の際は同じような調査をおこなっているので一度調査してみてはいかがでしょうか?

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る