ブログ

優位に商談を進めるテクニック

商談

様々なビジネスシーンでやはり商談はとても重要です。
商談を優位にすすすすめる事のできる人が「仕事ができる人」と言っても過言ではありません。
ですがなかなか優位に進めるというのは難しいものですね。今回のBlogが少しでも優位になるヒントになればと思います。

説得力を上げるには具体的な数値を示す

相手を説得する際は数値を示せばイメージしやすく相手の理解を促す高価があります。
たとえば「かなり安くなります」というよりも「今だと5000円安くなります」「こうするとさらに6000円の割引です」など具体的な数値を表すと
説得力がアップします。相手がイメージしやすいシュチュエーションで説得すことがポイント!会議やプレゼンなどで相手がイメージし理解を促すので
伝えたいことを説明する時には必要不可欠な要素です。

商談中の世間話は9割の成否に影響する

商談において世間話はあまり必要ないと思われる人も多いと思いますが、いえいえそんな事はありません。
あいさつをそこそこに本題に入ると相手の緊張がほぐれていないために身構えられる傾向があります。そのため商談をうまく進めるためには本題以外の事に注意を払うようにするする事をお勧めします。世間話もあまり考えすぎず「熱いですね」「花粉がすごいですね」など天気などの無難な話題からもでもOK。

説得の際は人の多さで勝負

日本人がは昔より「和」を大切にします。外国人と違い周囲の人を気にする傾向があります。この傾向を利用して「たくさんの人がやっている」ことを
伝える応じやすくなります。多ければ多いほど効果は抜群!具体的に数値など入れてみれば「鬼に金棒」です。
たとえば「弊社のサービスもこの短期間ですでに30社以上の協力会社様にご了承いただいております」など伝えれば効果抜群です。

値段の「8」は購買意欲がかきたてられる魔法の数字

価格の端数に使われる「8」は手頃感を与え購買意欲を刺激する数字と言われています。「9800円」「1980円」など10000円や2000円から少しでも
値引きしようとする企業努力が感じられ、消費者に与える印象をUPします。金額の端数を[8]にしてみると契約が成立しやすくなるかもですよ!

権威のある人の名前は最大の武器に!

人は「権威のある人」「専門家」「著名人」の意見は素直に聞く傾向があります。ニュースでもよく専門的な知識がある出てきますよね。
たまに「●●に詳しい人」みたいなよくわからない専門家のコメントとあるみたいですが、やはり「そうなんだ・・・」と思ってしまうから不思議です。先生と呼ばれる人などが言っていたというだけで不思議と説得力がでてくるのは不思議です。

「~でしょ」と意見の異なる相手に問いかける

「こっちのほうがいいでしょ」と意見の違う相手にといかけると「どうだろう?」と相手に考えさせる隙を与えず、自分にとって都合のよい方向へ誘導することができます。肯定する雰囲気を演出すれば交渉はスムーズに進める事間違いなしです。「こっちの方がよくないですか?」より「こっちの方がいいでしょう!」と決めつけることがポイントです。

優柔不断なタイプは誘導する

優柔不断でなかなか選べない人には様々な誘導方法があります。
「二択の質問で追い込む」
二つの選択肢を示して「どちらがお好きですか?」と選ばせます。まるで選んで当然という前提で進める。これは「誤前提暗示」と言います。
「比較対象を挙げて判断を誘導する」
3つに分かれている「大・中・小」とあると大はあまりにも大きいですが、小はちょっと物足らないと思う。中間ぐらいがちょうどいいかも・・・
という安心感がある心理現象を[コントラスト効果]といいます。中でも大きいかな・・・でも大よりはましかな・・・とあるある程度覚悟をしてしまうものです。無意識に複数のモノを相対的に比較してしまう心理現象です

関連記事

ページ上部へ戻る